忙しい時の一曲としてどうですか

大学受験を前にしてギターの練習をしていた。その前に高校時代に1年間吹奏楽部に所属していたこともあって、ある程度楽譜は読める様になっていた。ある日、月もでた村の前の砂浜で先輩がギターを持ってきてつばびいた。それはそれは、感動ものだった。早速、具志川村の店に行ってギターを買ってきた。それからというもの古賀ギターを時間をみては練習した。最初は「影を慕いて」であった。大学に入って、奨学金でクラシックギターを買ってきて練習した。その向こうにあるのが「アルハンブラ」を引くことであった。今でも聞いたいる。一回だけ会合で引いたことがあった。いい思い出である。それほどうまくはなかったのだが。